記事一覧

空家・空室②

こんにちわ~亀三です。

前回の記事で『人と箱』の話をしたんだが、これにはもう一つ見解があるんだよねwということで、

③外国人の流入
これも、現代の日本においていろいろな話があるので面白いw特に亀三の仕事上のメインエリアでは様々なことが起きている。

直近でいうと中国人の流入である。

中国の高度成長と為替事情・株高につれれて中国人の観光客が大量に日本に送り込まれた。古来遣隋使の時代や遣唐使の時代に中国の文化を大量に取り入れてきた日本だが、戦争等の影響もあったのか、いつの間にやら経済力・技術力・情報力の文化は日本が上回る状態となった。

当然ながら、中国の文化も発展してきたんだが、日本から見た文化はコピーや偽物文化というレッテルを貼られていた。

その中国が、バブルの影響をもろに反映した形として、日本の土地や建物を買いまくるいわゆる爆買いの現象が発生していた。特に亀三がなるほどと思った中国人の買い物として

北海道の巨大な牧場の跡地を中国人が取得した

北海道といえば、きれいな空気・きれいな水・広大な大地。気候的な問題はあるにせよ、中国のPM2.5問題の国に住むよりは雲泥の差があるわけだ。中国の国土はとんでもなく広いが、日本に近く、むしろ日本より北に位置するため、寒さについては中国の方が上なので、あの寒さにも対応ができるのだろう。

ま~、そんなこんなから、爆買いは更に波及して流動性のある商品へとその流れは現れた。不動産についても、現在の不動産取引について2割ぐらいが外国人だという話もあるぐらいである。

中国人に限らず、文化の違いからか外国人が問題を起こすケースは急増しているのも事実ではあるが、今後も外国人の流入は続くであろう。

となると?外国人つまり人が増えるわけだなwww日本の人口減少社会の問題を解決する手段として外国人の受け入れを緩和する政策もかなり進んできているのは事実である。

昨今の中国人が起こす問題は、日本人の礼・しきたり・配慮・マナー・気配りという文化の概念がないので仕方ないよね~という結論もあるんだが、日本にとってははた迷惑な話でもあるよね。

しかしながら、これがあるとないとでは人口問題に関しては大違いらしいよ(具体的な数字見たことないw)今後も外国人を受け入れていくのは間違えないだろうと思う。

だから、人口問題という意味ではある程度相殺される可能性がある。

不動産において、日本人を対象とした取引だけではなく、外国人を対象にした取引が増えていくだろうと考える。

このブログを見ているいわゆる不動産オーナー亀三の中だと『大家さん』はいろいろなリスクを考えて外国人の積極的な受け入れに躊躇している人は多いはず。

が、この先の将来を見据えると、2割といわずもっと外国人需要が増えていく可能性がある。となると『背に腹は変えられない』オーナーは何とかして外国人を飯の種とする努力が必要になってくるはずである。

そんな時、頼りにするのは不動産管理会社である。

亀三は多国籍軍って笑い話になるクレーム対応を経験したことあるが、外国語が使えると非常に重宝しますwww片言の英語ではありますが、少しだけしゃべれる・聞けるそんな感じじゃ足りませんねwww

ちなみに、管理会社の中には外人専門の管理会社が本当にあります。むしろ彼らの方が責任感が強いんじゃないかと亀三的には思ってしまうぐらいしっかりしてますねwwwただ、『所詮外国人ですから~w』っていう管理会社は気を付けたほうがいいかもしれないね。なんでも外人が悪いってことで逃げ回りますからwww

何が言いたいのかってことだが、

今後、外国人が増えるのは必定。人口が減少してもその穴埋めをしてくれる可能性あり。但し、斬新な問題が多発する。(ホントに想定の範囲外)(実例:帰国後に国際電話で解約の連絡『も~部屋使わないから~。』・・・・その後はご想像にお任せしますwww)

そこに対応できる者が勝者となるか?

(あ~あ、外国語もっとまじめに勉強しときゃ~よかったかな~www自分の無力さを認識ww)







コメント

なるほど!

この隙間にビジネスチャンスを
見出す人も出てくるでしょうね。

Re: なるほど!

数年前から、外国人向けの賃貸管理会社は存在していたんですが、
これが、頭角を現してきた感じですね。

最近では外人専門外人営業マンが増えてきましたw
片言の日本語でベトナム人・ネパール人・ガーナ人

様々な人種の営業マンがいますが、これがまた・・・。(笑&涙)

コメントの投稿

非公開コメント

PR

PR

プロフィール

のうてんき日和!(亀三)

Author:のうてんき日和!(亀三)
37歳・サリラリーマン・院卒・元バレーボーラー(全国レベル)173CM62Kやせ形・猫背・貧乏人

PR2

亀三に触れた人の数

現在の閲覧者数:

お勧め広告