記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賃貸繁忙期徐々に近づく③

不動産流通革命の兆し

いや~忙しいですねwww大家さんも退去に新規入居の対応が増えてきているのではないでしょうか?

さて、こんな記事が出てましたね~。この話は賃貸業界でも似たようなシステムは存在しますね。

しかし、不動産業者の存在意義って何なんだろうね~?そもそも何のために不動産業者が仲介・管理をしているか?そこが世の中の勘違に巻き込まれているような気がするんだよね。ここからは自論です!私の世界観だよ!真に受けないでね!

物々交換の時代から等価交換というものが存在し、それを覆す取引に意を発し喧嘩をして、解決策を見出してきた人類ですが、通貨という便利な道具を発明し、通貨の価値に見合ったものを手にするという文化が現代に受け継がれている。

世の中賢くなればなるほど、人を陥れたり、人をだましたり、してお金を稼ぐという人間が現れる。または石油王と言われる人種は生産高を減らしたり増やしたりして相場の調整を行う。そうやって利益や社会貢献のバランスを保っているが、実は己の利益を追求しているだけだったりする。

世の中欲望が渦巻き、自分の利益を追求し相手を出し抜く技術を磨き、さも価値のあるものであるという自分の商品を輝いて見せる技術(営業トークなど)の研究に力を注ぎ、100円の価値を1000円に見せる技術を磨いてきた。

が、所詮は100円のものである。時間が経てばボロが出る。かの有名な旭化成の杭打ち問題が代表例だろう。

素人VS素人の取引には必ず思惑が存在する。高く売りたい・安く買いたいの思惑が存在し、知恵を持つものが勝つことが多い。実際は、3000万の物件だったとしても、3500万で売れることはある。不動産業界において3000万の価値であっても、必要としている人間にとっては3500万円の価値がある場合もある。

これな~、大家さんと入居者の温度差もあるんだよね~。大家と不動産業者の価値観は一致するのに入居者との価値観は一致しないってことがよくある。

例えば、新築1LDK9万の物件がポコポコ決まるのに、築浅3年の1LDKが8万でも決まらない・・・。正直新築ってそこまでいいのかな?なんて思うんだよね・・・。そりゃさー人が使った部屋ってのはあるけど、クリーニングに消毒までしっかりやってるし、場合によってはクロス洗浄なんかも・・・。

ぶっちゃけ、賃貸不動産業者の手数料は、基本は一か月分+消費税です。賃料が高ければ仲介会社の手数料も高くなるんだよね。んで、大家さんから客付け成功報酬(広告宣伝費として)もらえるとおおよそ2か月分もらえることになる。

ちなみに
大手検索サイトSUUMOに75件のっけておおよそ20万の広告宣伝費を毎月支払っています。
人件費を払っています。
水道光熱費を払っています。
法律行為による契約業務をします。
物件の調査をして重要事項説明書を作成します。

商売的にはおいしいかもしれないが、人知れず労力を使っているのも事実。よく、礼金は不動産会社がもってっちゃうっていうけど、それやると亀三の活動エリアでは問い合わせすら来ません・・・。募集条件に礼金はほとんどついてません。

それに追い打ちをかけるように大手さんが仲介手数料無料とか、やってますが、裏を返すとその分大家が払ってます。

細かい話は今度するかもしれないが、世の中コスパを重視しすぎて自分の首を絞めることになるんだが、どこかにそのコストは転嫁されているんだよね・・・・。

いわゆる買い手市場ってやつだな。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

PR

PR

プロフィール

のうてんき日和!(亀三)

Author:のうてんき日和!(亀三)
37歳・サリラリーマン・院卒・元バレーボーラー(全国レベル)173CM62Kやせ形・猫背・貧乏人

PR2

亀三に触れた人の数

現在の閲覧者数:

お勧め広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。