記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々やな!

こんにちわ亀三です。

いや~忙しい割にはレアな経験がな~んもないw

しいて言うなら、『賃借人が破産した』ってことぐらいかね~。

ま~それなりの会社さんで、フランチャイズの業態の会社だね。フランチャイズって看板を貸してお金を取るビジネスなんで、その会社自体は資産なんてあんまりないってのが通説。

そりゃ、セブンイレブンだとかファミリーマートのようなものとは大きく違うんだが・・・・。

フランチャイズとは
フランチャイズとはフランチャイザーが一定の条件でフランチャイジーに営業権を与え、対価としてロイヤリティを受け取る契約形態のことをいう。(出典:コトバンク)

そうなんです。店の経営は個人オーナーや中小企業ってことが多くて、本体が運営する店舗は直営店って違いはあるみたいだ。

今回は、フランチャイズの個人オーナーが引退して本体の直営店みたいな形態だったんだが、本部が潰れちったってことだね。

当然ながら、営業権を持っているオーナーが直接の打撃を受けるとしたら、本部の破産による風評被害だろうね~。ぶっちゃけ看板の名称は今現在変わっておらず、存続しているw

ここがうまいんだよね~破産の仕方がさ~。

流れを書いてみよう。

①個人経営者が引退、本部が直営するとの通知が届く。

②契約者が本体になった。賃貸借契約の名義変更

③本体の経営権が別会社(完全第三者機関)に移転した。元の本体は解散代表者変わらず・・・。(以下旧株式会社○○)

④新会社が債務整理と同時に代表者も債務整理

⑤新会社が破産申し立て、破産通知。

つまり、流れはこんな感じで、○○株式会社は株式会社○○に経営譲渡。この時点でフランチャイズ契約がすべて白紙になったらしい。株式会社○○は解散し、経営譲渡された株式会社○○が債務も資産もすべて受け継いだ。

事実上、収入がない負債まみれの会社が誕生したわけだwww
当然ながら、債務不履行になり結果的にはぶっ潰れるって構図だね。

その後・・・
そんでもって解散した株式会社○○の名称を使った新会社が設立され代表者の名前が変わっただけの会社が誕生する。そこが元々のフランチャイズの個人経営者たちの面倒を見るってことになったw

当然、旧株式会社○○の代表者も同時に破産・・・・。債権者たちは何もできずに落ち込むわけだ。テナントの家賃そのもののとりっぱぐれは大したことないが、総額○億円だろうから・・・・。

つまり、世の中の○億円分の資産が消滅したわけだね。物質的なものではなく、計算上の金額ではあるが・・・。○億円の債権を持っていた側は将来的に現金になり得るものがなくなったわけねw

これが、世の中では頻繁に起きていることは事実です。

ま~、フランチャイズの個人オーナーたちに被害が及ばないよううまくやってるよね~。といっても食らった債権者たちは溜まったもんじゃないw

亀三が直接被害を受けるのではないが、うちの大家さんは大変だよw借金返済の予定の金額が入ってこないわけだし、もらえるはずのお金が消えちゃうんだもんなw

こうやって経済損失は生まれるんだね~。

いいんだか悪いんだか・・・・。

破産の債権申し立てめんどくせ~~~~~!ヽ(`ω´*)ノ彡☆

コメント

こんばんは

こういうことがあるから
事業は怖いですね。

やっぱり、現金取引が安心ですよね。

Re: こんばんは

坊主おじさん

ですねー( ̄Д ̄)ノ

油断大敵です。( ;´Д`)いつもニコニコ現金払いってわけにもいかないんですがね(○;´・艸・`;○)

亀三さんこんばんは☆

こういったことがあるのですね。。。
う~~~ん、考えさせられちゃいますね(._.)

何かの仕組みありきのビジネスなら、何かが崩壊してしまえば自分の立場が危うくなるし、身の丈にあってないことに取り組むと苦しくなっていくし、、、やっぱり自分自身のレベルをしっかり高めて行かないといけないのかなぁ~(>_<)

「負債」とか「破綻」って響きは聞くだけで辛いですぅ~~(/_;)

Re: 亀三さんこんばんは☆

SESOさん

自分が悲観的になる必要はないですよw
破産した人のほとんどは、スタートから破産するつもりなんてないはずなんですよ?

破産なんて起こさなきゃいいんです!

コメントの投稿

非公開コメント

PR

PR

プロフィール

のうてんき日和!(亀三)

Author:のうてんき日和!(亀三)
37歳・サリラリーマン・院卒・元バレーボーラー(全国レベル)173CM62Kやせ形・猫背・貧乏人

PR2

亀三に触れた人の数

現在の閲覧者数:

お勧め広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。